Home > 実現の鍵となる研究開発テーマ

実現の鍵となる研究開発テーマ

1.快適生活創造

1-1. 快適空間

塗布プロセスによる高効率有機EL、透明フレキシブル有機ELパネル等の革新技術及び快適な生活を実現する光源や照明システムなどの開発・実証を進めています。

→未来の光で世界を変える有機EL照明

1-2. 壁紙ディスプレイ

壁に晴れる超薄型・軽量のフレキシブルディスプレイを実現するための技術を開発します。

→有機TFTと有機ELで構成するフレキシブルディスプレイ


1-3. 快眠ICT

快眠に関するセンサ計測データを収集し解析するICT基盤システムを開発します。また環境 計測データと個人ビッグデータの複合解析から快眠を支援するシステムの実現を目指します。

→快眠をICTで解析・支援するベッド

1-4. 快適創エネ

採光性のある透明な有機太陽電池や、超軽量フレキシブル太陽電池を開発し新たな応用を開拓します。

→透明有機太陽電池で発電する窓

1-5. 快食健康

有機EL植物栽培や常温除湿乾燥技術など「食」に貢献する新たな技術を構築します。

→有機EL光源でつくる植物と機能性食品

2. 健康長寿自立ヘルスケア

2-1. 有機生体センサ

唾液や汗に含まれる生理活性物質を高感度で検出できるストレスセンサ等を開発します。

→印刷型有機バイオセンサで実現する健康生活

2-2. 有機センシングシステム

有機FET型センサと無線通信回路を極薄フィルム上に印刷プロセスを使って一体形成することで、体に貼って使える新しい生体センサの実現を目指します。

→健康長寿社会を目指すウェアラブル生体センサ

2-3. スマートデバイスプリンタ

自己組織的にインクを微細な配線形状に形成する技術や、大面積・高精度インクジェット技術 を開発し、ロールtoロール印刷に適合する革新的な電子デバイス製造技術を構築します。

→高性能な印刷集積回路を実現する機能性インク

2-4. マイクロ・ナノ加工

ナノインプリント等の微細な成形加工技術を用いたデバイス形成技術を開発します。

→量産・低コストを目指す樹脂のマイクロ・ナノ加工

2-5. ソフトバイオマテリアル

独自の「中間水理論」に基づき設計した新しい生体親和性材料を用いて、血液中に現れる 転移がん細胞を検出する技術や、新しいがん治療器具等を開発します。

→未来の医療を切り開く生体親和性材料

PAGETOP