Home > information > ニュース > 2019 > 【プレス発表】硯里准教授に関する共同研究成果「世界初ケミカル研磨による曲がる有機ELパネル開発に成功」が発表されました。

Information


2019.01.17 【プレス発表】硯里准教授に関する共同研究成果「世界初ケミカル研磨による曲がる有機ELパネル開発に成功」が発表されました。

 ⼭形⼤学硯⾥善幸准教授と株式会社NSCはケミカル研磨技術を⽤いたガラス基板がベースの曲がる有機ELパネルを世界で初めて開発した。⾞載⽤ディスプレイなどはデザイン上の観点から湾曲した有機ELパネルが求められている。本技術は、曲げた状態で固定する有機ELパネルを、安価に信頼性⾼く提供することが可能である。

 

 

 

 

 

📚 山形大学HP >> https://www.yamagata-u.ac.jp/jp/information/press/20190117_01/

 

📚 山形大学プレスリリース資料 >> https://iomform.yz.yamagata-u.ac.jp/uploads/1/press20190117.pdf

2019 ニュース 一覧

2019.02.08
 TV放映 
(NHK)【2月8日(金)午後7時30分】城戸淳二教授に関する報道番組「人を作り 最先端を生み出す ~有機EL開発者 城戸淳二~」が放映されます。
2019.01.24
 TV放映 
(NHK)【おはよう山形 1月24日(木)】硯里善幸准教授に関するニュース「ガラスなのに曲がる有機ELパネル」が放映されました。
2019.01.18
 新聞掲載 
(日本経済新聞)硯里善幸准教授に関する記事「曲がる有機ELパネル、山形大など開発」が掲載されました。
2019.01.17
 プレス発表 
硯里准教授に関する共同研究成果「世界初ケミカル研磨による曲がる有機ELパネル開発に成功」が発表されました。
2019.01.15
 お知らせ 
「日・独ジョイントワークショップ2019」を東京国際フォーラムにて開催いたします。(1月28日)
5件中1 ~ 5件を表示しています。
前へ 1 次へ

PAGETOP