Home > information > ニュース > 2019 > 【受賞】城戸・笹部・千葉研の笹部久宏准教授が、物理分野と分野横断領域で Publons Peer Review Awards 2019(世界トップ1%査読者)を受賞しました。

Information


2019.09.17 【受賞】城戸・笹部・千葉研の笹部久宏准教授が、物理分野と分野横断領域で Publons Peer Review Awards 2019(世界トップ1%査読者)を受賞しました。

城戸・笹部・千葉研の笹部久宏准教授が、物理分野と分野横断領域で Publons Peer Review Awards 2019(世界トップ1%査読者)を受賞しました。2018-2019年間で、学術論文の査読を40報超行った成果が評価され、表彰されました。Publons は、2012年に設立された学術分野の査読の「見える化」を強力に推し進めるプラットフォームで、2017年に Web of Knowledge などを提供するクラリベイト・アナリティクスに買収されています


受賞題目    :       Publons Global Peer Review Awards 2019
受賞内容    :       Publons のデータベース中の学術雑誌における応用物理分野と分野横断領域にて、2018-2019年間で、

                          査読を40報超行い、世界トップ1%の査読者と認定、表彰された。
受賞日     :         2019年9月17日
Publons のページ:https://publons.com/community/awards/2019
笹部久宏准教授の Publons プロファイル:https://publons.com/researcher/1297354/hisahiro-sasabe/

 

 

-----------------
*査読(Peer-review)とは?
査読とは、学術論文の質を担保するために専門分野の近い研究者に
よって評価をすることです。査読者(reviewer)は編集者(editor)から依頼された学術論文を自分の専門知識に照らし合わせて評価します。査読者は著者に建設的な意見を与え、受理できるように論文の改善を促します。内容が不適切な論文の場合は、不十分な箇所を、文献を引用しながら論拠を持って指摘し、他雑誌を薦めたりします。編集者は、査読者から得られた複数のレポートをもとに論文を受理するかどうかを決めます。

*Publons とは?
Publons は査読の認知度を上げるシステムです。査読は学術論文の根幹を支える重要な役割を果たしています。査読は、学術コミュニティーが負う必要な貢献として認識されていますが、その作業を担っている査読者の功績が評価されることは、殆どありませんでした。Publonsは、Andrew Preson が2012年に設立、「査読をより迅速で、効率的かつ効果的にすることで科学を加速化する」を使命に掲げています。無料のアカウントを作成すると、研究者のプロファイルや査読の履歴を登録でき、統計が取れるようになります。統計閲覧ページでは査読総数、査読した学術論文のインパクトファクター、レビューの平均単語数などの集計、傾向を「見える化」でき、分析することができます。

2019 ニュース 一覧

2019.12.25
 論文関連 
城戸・笹部・千葉研のリーディング大学院生 M2 荒井博貴さんと笹部久宏准教授の高効率青色燐光有機ELを実現するスピロビアクリジンホスト材料に関する論文が日本化学会の Chemistry Letters (IF: 1.550) に受理されました。
2019.12.24
 論文関連 
時任研の丸山祐樹さん (D1) の論文「Electrochemical characterization of TEMPO radical in ionic liquids」が Electrochemistry 誌に受理されました。
2019.12.13
 新聞掲載 
(山形新聞)城戸淳二教授に関する記事「有機EL普及展望は、城戸教授招き研修会」が掲載されました。
2019.12.12
 新聞掲載 
(日本経済新聞)xEV飯豊研究センターに関連する記事「リチウムイオン電池新素材、山形銀の地域商社が販売」が掲載されました。
2019.12.01
 論文関連 
時任研の松井弘之准教授の論文“Flexible and printed organic transistors: From materials to integrated circuits”が Organic Electronics 誌に掲載されました。
2019.12.01
 論文関連 
時任研の竹田泰典助教の論文 「電極表面修飾不要なp型半導体を用いた印刷型相補型集積回路」が画像学会誌に受理されました。
2019.11.29
 論文関連 
時任研と英国サリー大学との共同研究成果の論文 "Towards fully printed memristive elements: a-TiO2 electronic synapse from functionalized nanoparticle ink"が ACS Publications に受理されました。
2019.11.27
 論文関連 
硯里研の吉田研究員らの論文"Interfacial Engineering in Solution Processing of Silicon-Based Hybrid Multilayer for High Performance Thin Film Encapsulation"がACS Applied Material & Interfaces 誌に掲載されました。
2019.11.26
 新聞掲載 
(日本経済新聞)xEV飯豊研究センターに関連する記事「山形飯豊町 貸工場建設や専門職大学誘致、次世代電池産業集積狙う」が掲載されました。
2019.11.22
 新聞掲載 
(日本経済新聞)時任・熊木・関根研究室の超薄型ベッドセンサーとリストバンドセンサーに関する記事「医療関連機器4製品 NDソフト、山形大技術で」が掲載されました。
2019.11.22
 新聞掲載 
(山形新聞)森下正典産学連携准教授に関連する記事「リチウムイオン電池改良、電気容量倍増に成功」が掲載されました。
2019.11.22
 新聞掲載 
(日本経済新聞)古川英光教授に関する記事「医療関連機器4製品 NDソフト、山形大技術で」が掲載されました。
2019.11.15
 受賞 
増原研究室の鈴木亨奈さん (B4)が11月6日に「第28回ポリマー材料フォーラム」において高分子学会広報委員会パブリシティ賞を受賞しました。
2019.11.12
 雑誌掲載 
エレクトロニクス実装学会誌(JIEP) Vol.22 No.7 Nov. 2019 (591-636) 「特集 IoT/5G 時代の先端実装技術」に、芝健夫教授、横澤晃二研究員、西川尚男教授、時任静士教授の解説「フレキシブルハイブリッドエレクトロニクスの基盤研究と応用展開」が掲載されました。
2019.11.11
 受賞 
城戸・笹部・千葉研の荒井綾斗さん(M1)が台湾明志科技大学で行われた「2019年アジア有機エレクトロニクス国際会議(A-COE 2019)」で優秀ポスター賞を受賞しました。
2019.11.07
 お知らせ 
(男女共同参画推進室企画)シンポジウム「豊かな健康長寿社会をめざして」の開催案内
2019.11.06
 受賞 
吉田研究室の原田祐弥さん(M1)が10月28日に「2019 Nanjing University-Yamagata University Students Workshop」において Best Poster Award を受賞しました。
2019.10.29
 新聞掲載 
(朝日新聞)時任研のベンチャー企業フューチャーインクに関する記事「厚さ0.5ミリシート型センサー開発 山大研究センター、マットレスの下に敷いて心拍や呼吸計測」が掲載されました。
2019.10.24
 新聞掲載 
(読売新聞)時任研のベンチャー企業フューチャーインクに関する記事「山大共同開発介護見守りシステム販売へ」が掲載されました。
2019.10.18
 受賞 
吉田研究室の原田祐弥さん(M1)10月11日に「2019 International Conference on Smart Systems Engineering(Smasys 2019)」において Best Oral Presentation award を受賞しました。
100件中1 ~ 20件を表示しています。
前へ 1 2 3 4 5 次へ

PAGETOP