Home > information > ニュース > 2020 > 【論文関連】城戸・笹部・千葉研究室修士2年の石川翔太君と千葉貴之助教の青色ペロブスカイトナノ結晶LEDに関する論文がWileyのAdvanced Optical Materials (IF: 7.430)のBack Coverに選出されました!

Information


2020.07.07 【論文関連】城戸・笹部・千葉研究室修士2年の石川翔太君と千葉貴之助教の青色ペロブスカイトナノ結晶LEDに関する論文がWileyのAdvanced Optical Materials (IF: 7.430)のBack Coverに選出されました!

城戸・笹部・千葉研究室修士2年 石川翔太君と千葉貴之助教の青色ペロブスカイトナノ結晶LEDに関する論文「Blue Perovskite Nanocrystal Light‐Emitting Devices via the Ligand Exchange with Adamantane Diamine」がWileyのAdvanced Optical Materials (IF: 7.430)のBack Coverに選出されました!

Blue Perovskite Nanocrystal Light‐Emitting Devices via the Ligand Exchange with Adamantane Diamine

Takayuki Chiba*, Shota Ishikawa, Jun Sato, Yoshihito Takahashi, Hinako Ebe, Satoru Ohisa, Junji Kido*

https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/adom.202070054

Abstract
Metal halide perovskite nanocrystals (NCs) have been established as promising materials for light‐emitting devices (LEDs) due to their interesting optoelectrical properties, including high photoluminescence quantum yield (PLQY) and high color purity with narrow full width at half maximum (FWHM). However, blue perovskite LEDs, with an emission wavelength below 470 nm, require further investigation to improve their performance. Here, it is demonstrated that mixed‐halide CsPb(Cl/Br)3 NCs prepared by ligand exchange with the rigid bidentate structure of adamantane‐1,3‐diamine (ADDA) can be used for blue LEDs. The ligand exchange of CsPb(Cl/Br)3 NCs with ADDA improves PLQY without changing the peak wavelength and FWHM. The LEDs based on ligand exchange NCs with ADDA show an external quantum efficiency (EQE) of 0.49%. Moreover, a quaternary ammonium salt, oleylammonium chloride (OAM‐Cl), is also investigated as an interfacial layer to reduce current density. The LED fabricated with OAM‐Cl reaches an EQE of 1.1% and luminance of 43.2 cd m−2 at the electroluminescence wavelength of 456 nm, representing significantly higher performance compared to that of LEDs without OAM‐Cl layers. Therefore, the ligand exchange of NCs with ADDA and the use of a passivation layer comprising OAM‐Cl facilitate an improvement in the LED performance.

2020 ニュース 一覧

2020.10.06
 新聞掲載 
(朝日新聞)城戸淳二教授と古川英光教授に関する記事「ゲル・有機EL・・・最先端の研究 見に来て、来月山大が中学生向け講座」が掲載されました。
2020.10.05
 お知らせ 
時任静士教授が日本学術会議の第25期連携会員に就任しました。
2020.10.05
 展示会 
12月9日(水)-11日(金)今年度も時任・熊木・関根研究室の最新研究成果をJFlex2021展示会(東京ビックサイト)に出展します。
2020.10.05
 講演 
10月22日(木)日本化学会秋季事業第10回CSJ化学フェスタ2020(オンライン開催)にて、時任静士教授の招待講演「安心安全な未来社会実現に資するプリンテッド有機エレクトロニクス」があります。
2020.10.05
 TV放映 
(BSフジ)プリンテッドデバイス技術に関する時任・熊木・関根研究室の研究活動がBSフジ「ガリレオX」(放送日:10月11日(日)11:30〜/ 18日(日)11:30〜)で紹介されます。
2020.09.30
 論文関連 
城戸・笹部・千葉研究室の高橋佳人さん(2019年卒業)と千葉貴之助教のペロブスカイトナノ結晶の分散安定性に関する論文がACS Applied Materials & Interfaces (IF: 8.330)に掲載されました。
2020.09.29
 Web掲載 
イノベーション・ジャパン2020~大学見本市 Online サイトにおいて山形大学COIフロンティア有機システムイノベーション拠点が紹介されました。
2020.09.25
 採択 
長峯邦明准教授(研究代表者)による研究課題「スマートデジタルヘルスセンシング研究拠点」が令和2年度YU-COE「山形大学先端的研究拠点」(C)形成支援に 採択されました。
2020.09.25
 雑誌掲載 
時任・熊木・関根研究室とARKEMA(フランス)との共同研究活動の成果が、ARKEMAの新しい雑誌「Innovative With」に掲載されました。
2020.09.09
 雑誌掲載 
時任・熊木・関根研の関根智仁助教の論文"印刷銀電極の化学的耐久性向上のためのエレクトロケミカルマイグレーション解析"がエレクトロニクス実装学会誌に掲載されました。
2020.09.09
 論文関連 
時任静士教授の特集 "3Dプリンテッドエレクトロニクス技術の創成" がエレクトロニクス実装学会誌に掲載されました。
2020.08.05
 論文関連 
プロジェクト研究員 Dr. Anubha Bilgaiyan と水上誠准教授の「移動度15cm2/Vsの有機トランジスタ開発」に関する論文が WileyのPhysica Status Solidi, rapid research letters のBack Coverに選出されましに掲載されました。
2020.07.30
 講演 
7月31日(金) 「ECSYUジョイントバーチャルシンポジウム」(オンライン)にて時任・熊木・関根研究室の松井准教授の招待講演「Flexible and Printed Organic Transistors and Their Application to Electrochemical Health Monitors」があります。
2020.07.30
 雑誌掲載 
時任・熊木・関根研のプロジェクト内容が「山形大、印刷技術でセンサー付き電子伝票を開発 〜シリコンLSI、電子ペーパーも実装〜」と題して産業タイムズ社 メールマガジンに掲載されました。
2020.07.18
 新聞掲載 
(朝日新聞)横山道夫准教授と原田知親助教に関する記事「声や表情でストレス分析、スマホなど活用 山大と企業がシステム開発」が掲載されました。
2020.07.17
 新聞掲載 
(日本経済新聞)山形大ベンチャー企業ベジアに関する記事「山形大 県産ピーナツ、製品化開始」が掲載されました。
2020.07.17
 新聞掲載 
(毎日新聞)横山道央准教授と原田知親助教に関する記事「AIでストレス原因分析、米沢のIT企業が山形大と開発」が掲載されました。
2020.07.16
 プレス発表 
城戸淳二教授の研究に関するニュース「山形県産ピーナツを使用したジェラートの開発 ~六次産業化による地域再生と雇用創出~」が学長定例記者会見にてリリースされました。
2020.07.16
 論文関連 
時任・熊木・関根研究室 Wang Yi-Fei 助教の論文"Printed Strain Sensor with High Sensitivity and Wide Working Range Using a Novel Brittle-Stretchable Conductive Network"が Acs Applied Materials & Interfaces に掲載されました。
2020.07.13
 論文関連 
吉田研究室とオーストリア、リンツ大学Philipp Stadler博士のグループによる共同研究論文 "Metal‐Free Hydrogen‐Bonded Polymers Mimic Noble Metal Electrocatalysts" が Advanced Materials 誌(IF = 25.809)に掲載されました。
81件中1 ~ 20件を表示しています。
前へ 1 2 3 4 5 次へ

PAGETOP