Home > information > ニュース > 2021 > 【論文関連】城戸・笹部・千葉研究室の交換留学生顏禎里さんと千葉貴之助教の青色ペロブスカイトの結晶安定化とLED応用に関する国際共著論文がChemical Engineering Journal (IF: 10.652)に掲載されました。

Information


2021.02.05 【論文関連】城戸・笹部・千葉研究室の交換留学生顏禎里さんと千葉貴之助教の青色ペロブスカイトの結晶安定化とLED応用に関する国際共著論文がChemical Engineering Journal (IF: 10.652)に掲載されました。

城戸・笹部・千葉研究室の交換留学生顏禎里さんと千葉貴之助教の青色ペロブスカイトの結晶安定化とLED応用に関する国際共著論文がChemical Engineering Journal (IF: 10.652)に掲載されました。本成果は、国立台北技科大学の郭霽慶先生 との共同研究により得られたものです。顏禎里さんは山形大学工学部短期交換留学プログラム(STEP-YUFE)を利用し、研究開発を行いました。

Stable Blue Perovskite Light-Emitting Diodes Achieved by Optimization of Crystal Dimension through Zinc Bromide Addition

Zhen-Li Yan, Jean-Sebastien Benas, Chu-Chen Chueh, Wei-Cheng Chen, Fang-Cheng Liang, Zhi-Xuan Zhang, Bi-Hsuan Lin, Chun-Jen Su, Takayuki Chiba,* Junji Kido*, and Chi-Ching Kuo*

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1385894721003715#!

Abstract
Low-dimensional perovskites have been widely studied as a promising candidate for realizing stable light-emitting diodes (LEDs). However, blue-light-emitting devices generally possess low stability associated with gradually red-shifted emission. To overcome this issue, the effect of zinc bromide (ZnBr2) addition on the regulation of the crystal structures of phenethylammonium and bromine-chlorine mixed inorganic perovskites (PEA-CsPbBrxCl3-x) is investigated. With the ZnBr2 addition, low-dimensional perovskite structures undergo morphological changes, such as thickening of their crystal structures and higher degree of crystal arrangement. Stoichiometric selective characterization reveals that perovskite bonding forces changed from Van der Waals with PEA to ionic with ZnBr2. Meanwhile, ZnBr2 can effectively address the ion defect filling and dimensional structure property switching. Consequently, the optimized ZnBr2-assisted PEA-CsPbBrxCl3-x LED is shown to deliver a high luminance of 1245 cd/m2 along with a high external quantum efficiency of 1.30%. Furthermore, this blue LED exhibits excellent spectral stability, for which only 3-nm red-shift on external excitation (0.1 to 5.0 mA) is observed. Our result clearly shows that ZnBr2 addition effectively improves the stability of blue light-emitting perovskites.

 


 

📚城戸・笹部・千葉研究室HP >> https://oled.yz.yamagata-u.ac.jp/view.cgi?p=384

2021 ニュース 一覧

2021.06.06
 新聞掲載 
(読売新聞)城戸淳二教授が第62回藤原賞を受賞したことに関する記事「世界初『白色』有機EL、有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)素子の先駆的研究および工業化」が掲載されました。
2021.06.04
 新聞掲載 
(山形新聞)城戸淳二教授が第62回藤原賞を受賞したことに関する記事「山形大花輪理事・副学長(気象庁長官表彰)、城戸教授(藤原賞)W受賞」が掲載されました。
2021.06.03
 論文関連 
プロジェクト研究員 Dr. Anubha Bilgaiyan と水上誠准教授の「Flexible, high mobility short-channel organic thin film transistors and logic circuits based on 4H-21DNTT」に関する論文が Scientific Reports に掲載されました。
2021.05.31
 論文関連 
城戸・笹部・千葉研究室 D3 劉冠廷さんと笹部久宏准教授の架橋ジアリールアミンを用いた多重共鳴型緑色TADF発光材料群の簡便合成に関する論文が王立化学会 (Royal Society of Chemistry) の Journal of Materials Chemistry C (IF: 7.059) に受理されました。
2021.05.28
 受賞 
城戸淳二卓越研究教授が「第62回藤原賞」を受賞しました。
2021.05.19
 論文関連 
時任・熊木・関根研究室プロジェクト研究員Subhash Singh (スバッシュ・シン)さんの論文“Flexible high-performance organic thin film transistors and PMOS inverters: Trap controlled grain boundaries and contact resistance effect in different channel length devices”がSynthetic Metalsに掲載されました。
2021.05.19
 論文関連 
時任・熊木・関根研究室プロジェクト研究員Subhash Singh (スバッシュ・シン)さんの論文“Flexible Low-Voltage Organic Thin Film Transistors and PMOS Inverters: Effect of Channel Width on Noise Margin”がJournal of Physics D: Applied Physicsに掲載されました。
2021.05.19
 論文関連 
時任・熊木・関根研究室と韓国のPOSTECHとの共同研究の論文"Flexible and Printed Organic Nonvolatile Memory Transistor with Bilayer Polymer Dielectrics"がAdvanced Materials Technologiesに掲載されました。
2021.05.10
 講演 
7月2日(金)CEA(Commissariat à l’énergie atomique et aux énergies alternatives)のinternal laboratory web scientific seminar(オンライン開催)にて時任教授の招待講演"Flexible and Printed Organic Sensors and IoT Applications"があります。
2021.05.10
 講演 
6月5日(土)日本体力医学会東北地方会第29回大会(山形県立米沢栄養大学)にて時任教授の特別講演「フレキシブル有機センサの健康管理・医療応用」があります。
2021.05.10
 講演 
6月3日(木) KFPE (Korea Flexible & Printed Electronics Society)の International 3D, 4D Printing Online Seminar(zoom開催)にて時任静士教授の招待講演 "Flexible and Printed Organic Sensors and IoT Applications" があります。
2021.05.03
 論文関連 
城戸・笹部・千葉研究室のD2 荒井博貴さんと笹部久宏准教授の高性能有機ELを実現する非対称スピロビアクリジン誘導体 TADF 材料群に関する論文が Wiley の Chem. Eur. J (IF: 4.857) に受理されました。
2021.04.12
 Web掲載 
時任・熊木・関根研究室と東京理科大との共同研究の成果が「汗中乳酸から高出力を生み出す薄膜型ウェアラブルバイオ燃料電池アレイを開発」と題して4月12日にYou tube配信されました。
2021.04.02
 新聞掲載 
(電波新聞)時任・熊木・関根研究室と東京理科大との共同研究の成果が「汗で発電するウエアラブル電池アレイ 東京理大など研究グループが開発 基板材料に和紙採用」と題して3月15日付の電波新聞に掲載されました。
2021.04.01
 論文関連 
時任・熊木・関根研究室のWang助教の論文"Fully Printed PEDOT:PSS-based Temperature Sensor with High Humidity Stability for Wireless Healthcare Monitoring"が、Scientific Reports誌の2020年にダウンロードされた材料科学論文トップ100に入りました。
2021.03.29
 論文関連 
時任・熊木・関根研究室の関根助教によるすべり感知のためのソフト触覚センサに関する論文がSmall Science誌(Small Science, vol. 1, pp: 2100002-21000010 (2021))に掲載され、Inside Front Coverに選出されました。
2021.03.24
 Web掲載 
 TV放映 
(香港テレビ)山形大学のスマート未来ハウスが香港テレビで紹介されました。YouTubeでも公開されました。
2021.03.24
 新聞掲載 
 Web掲載 
(山形新聞)原田知親助教に関する記事「心身のリフレッシュ度を『見える化』へ、山形大・県立米沢栄養大など 米沢、小野川で実験」が掲載されました。
2021.03.18
 受賞 
時任・熊木・関根研究室の学生 B4の本村祐希さんが山形大学秦逸三賞 ・B4の伊藤圭汰さんが山形大学優秀学生賞 ・B4の千葉峻也さんが山形大学優秀学生賞を受賞しました。
2021.03.08
 お知らせ 
時任・熊木・関根研究室が開発したシート型センサを実装した椅子(スマーチェア)に関してその応用展開をKDDI総合研究所と共同研究で進めています。その応用イメージが以下のURLで公開となっています。
38件中1 ~ 20件を表示しています。
前へ 1 2 次へ

PAGETOP