Home > information > ニュース > 2021 > 【論文関連】城戸・笹部・千葉研究室の交換留学生顏禎里さんと千葉貴之助教の青色ペロブスカイトの結晶安定化とLED応用に関する国際共著論文がChemical Engineering Journal (IF: 10.652)に掲載されました。

Information


2021.02.05 【論文関連】城戸・笹部・千葉研究室の交換留学生顏禎里さんと千葉貴之助教の青色ペロブスカイトの結晶安定化とLED応用に関する国際共著論文がChemical Engineering Journal (IF: 10.652)に掲載されました。

城戸・笹部・千葉研究室の交換留学生顏禎里さんと千葉貴之助教の青色ペロブスカイトの結晶安定化とLED応用に関する国際共著論文がChemical Engineering Journal (IF: 10.652)に掲載されました。本成果は、国立台北技科大学の郭霽慶先生 との共同研究により得られたものです。顏禎里さんは山形大学工学部短期交換留学プログラム(STEP-YUFE)を利用し、研究開発を行いました。

Stable Blue Perovskite Light-Emitting Diodes Achieved by Optimization of Crystal Dimension through Zinc Bromide Addition

Zhen-Li Yan, Jean-Sebastien Benas, Chu-Chen Chueh, Wei-Cheng Chen, Fang-Cheng Liang, Zhi-Xuan Zhang, Bi-Hsuan Lin, Chun-Jen Su, Takayuki Chiba,* Junji Kido*, and Chi-Ching Kuo*

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1385894721003715#!

Abstract
Low-dimensional perovskites have been widely studied as a promising candidate for realizing stable light-emitting diodes (LEDs). However, blue-light-emitting devices generally possess low stability associated with gradually red-shifted emission. To overcome this issue, the effect of zinc bromide (ZnBr2) addition on the regulation of the crystal structures of phenethylammonium and bromine-chlorine mixed inorganic perovskites (PEA-CsPbBrxCl3-x) is investigated. With the ZnBr2 addition, low-dimensional perovskite structures undergo morphological changes, such as thickening of their crystal structures and higher degree of crystal arrangement. Stoichiometric selective characterization reveals that perovskite bonding forces changed from Van der Waals with PEA to ionic with ZnBr2. Meanwhile, ZnBr2 can effectively address the ion defect filling and dimensional structure property switching. Consequently, the optimized ZnBr2-assisted PEA-CsPbBrxCl3-x LED is shown to deliver a high luminance of 1245 cd/m2 along with a high external quantum efficiency of 1.30%. Furthermore, this blue LED exhibits excellent spectral stability, for which only 3-nm red-shift on external excitation (0.1 to 5.0 mA) is observed. Our result clearly shows that ZnBr2 addition effectively improves the stability of blue light-emitting perovskites.

 


 

📚城戸・笹部・千葉研究室HP >> https://oled.yz.yamagata-u.ac.jp/view.cgi?p=384

2021 ニュース 一覧

2021.09.27
 論文関連 
長峯准教授の論文"Stable Immobilization of Mediator in Porous Carbon Material via Capping Technique for Fabricating Sensitive Enzyme-based Glucose Sensor"がSensors&Materialsに掲載されました。
2021.09.24
 論文関連 
D2佐々木樹(高橋研究室、硯里研究室)と硯里善幸教授のウェットプロセスによるハイバリア膜に関する論文が、アメリカ化学会のACS Applied nano materials(IF: 5.097)に掲載されました。
2021.09.24
 受賞 
城戸・笹部・千葉研究室博士2年の荒井博貴さん(Mr. Hiroki Arai)が2021年アジア有機エレクトロニクス国際会議(A-COE 2021)において学生ポスター賞(Student Poster Award)を受賞しました。
2021.09.04
 新聞掲載 
(山形新聞)城戸淳二教授に関する記事「寝室向け有機EL照明、山形大など開発 まぶしさ軽減、良い睡眠」が掲載されました。
2021.09.03
 論文関連 
時任・熊木・関根研究室と韓国のPOSTECHとの共同研究の論文"Layout-to-Bitmap Conversion and Design Rules for Inkjet-Printed Large-Scale Integrated Circuits" がLangmuirに掲載されました。
2021.09.03
 論文関連 
時任・熊木・関根研究室クイーンズランド工科大学との共同研究の論文"Single and dual-gate organic field-effect transistors based on diketopyrrolopyrrole-diethienothiophene polymers: performance modulation via dielectric interfaces"がMaterials Research Expressに掲載されました。
2021.09.02
 TV放映 
(YTS山形テレビ)城戸淳二教授らの研究グループに関するニュース「山大『有機ELランプ』来年4月に販売へ ~ベッド脇にどうぞ 有機EL照明~」が18:15~の「スーパーJチャンネル」で紹介されました。
2021.09.02
 TV放映 
(TUY山形テレビ)城戸淳二教授らの研究グループに関するニュース「山形大学が有機ELベッドサイドライトを開発 ~快眠につながる有機EL照明?~」が18:15~の「Nスタやまがた」で紹介されました。
2021.09.02
 プレス発表 
城戸淳二教授に関するニュース「快眠用有機EL照明を開発 ~やわらかい光が良質な睡眠をサポート~」が学長定例記者会見でリリースされました。
2021.08.31
 お知らせ 
山形大学 Good Sleep コンソーシアム説明会開催のご案内
2021.08.30
 お知らせ 
政策研究大学院大学と山形大学との有機太陽電池に関する意見交換会(SDGsへの貢献)が政策研究大学院大学のホームページにおいて 紹介されました。
2021.08.19
 論文関連 
Wang Yi-Fei 助教の論文"Deep Eutectic Solvent Induced Porous Conductive Composite for Fully Printed Piezoresistive Pressure Sensor"がAdvanced Materials Technologiesに掲載されました。
2021.08.18
 お知らせ 
山形大学COIパンフレット
2021.08.17
 TV放映 
(YTS山形テレビ)城戸淳二教授らの研究グループに関するニュース「米沢からフードロス解消目指す」が「火曜ニュースイチオシ」で紹介されました。
2021.08.12
 プレス発表 
山内泰樹教授の睡眠研究に関するニュース「Good Sleep コンソーシアム(ぐっすりコンソ)設立 ~睡眠の質を向上させ、快眠を実現するための実証プラットフォーム~」が学長定例記者会見でリリースされました。
2021.08.04
 新聞掲載 
(日経産業新聞)城戸淳二教授に関する記事「有機ELの照明で快眠効果?」が掲載されました。
2021.07.14
 新聞掲載 
(朝日新聞)城戸淳二教授に関する記事「照明 寝る前なら有機EL、山大・城戸教授らが代謝など調査」が掲載されました。
2021.07.09
 論文関連 
城戸・笹部・千葉研究室博士修了生 小松龍太郎博士 (Dr. Ryutaro Komatsu) と笹部久宏准教授のトリフェニルアミン含有ベンゾフラン誘導体発光材料群に関する国際共著論文が Frontiers in Chemistry (IF: 5.221) に受理されました。
2021.07.05
 TV放映 
(YTS山形テレビ)城戸淳二教授らの研究グループに関するニュース「有機EL照明で”深い眠り”」が紹介されました。
2021.07.01
 プレス発表 
城戸淳二教授の筑波大学徳山薫平教授との共同研究に関するニュース「睡眠前の照明環境が睡眠時の体温とエネルギー代謝に影響を及ぼす」が学長定例記者会見でリリースされました。
63件中1 ~ 20件を表示しています。
前へ 1 2 3 4 次へ

PAGETOP