Home > information > ニュース > 2021 > 【論文関連】城戸・笹部・千葉研究室の交換留学生顏禎里さんと千葉貴之助教の青色ペロブスカイトの結晶安定化とLED応用に関する国際共著論文がChemical Engineering Journal (IF: 10.652)に掲載されました。

Information


2021.02.05 【論文関連】城戸・笹部・千葉研究室の交換留学生顏禎里さんと千葉貴之助教の青色ペロブスカイトの結晶安定化とLED応用に関する国際共著論文がChemical Engineering Journal (IF: 10.652)に掲載されました。

城戸・笹部・千葉研究室の交換留学生顏禎里さんと千葉貴之助教の青色ペロブスカイトの結晶安定化とLED応用に関する国際共著論文がChemical Engineering Journal (IF: 10.652)に掲載されました。本成果は、国立台北技科大学の郭霽慶先生 との共同研究により得られたものです。顏禎里さんは山形大学工学部短期交換留学プログラム(STEP-YUFE)を利用し、研究開発を行いました。

Stable Blue Perovskite Light-Emitting Diodes Achieved by Optimization of Crystal Dimension through Zinc Bromide Addition

Zhen-Li Yan, Jean-Sebastien Benas, Chu-Chen Chueh, Wei-Cheng Chen, Fang-Cheng Liang, Zhi-Xuan Zhang, Bi-Hsuan Lin, Chun-Jen Su, Takayuki Chiba,* Junji Kido*, and Chi-Ching Kuo*

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1385894721003715#!

Abstract
Low-dimensional perovskites have been widely studied as a promising candidate for realizing stable light-emitting diodes (LEDs). However, blue-light-emitting devices generally possess low stability associated with gradually red-shifted emission. To overcome this issue, the effect of zinc bromide (ZnBr2) addition on the regulation of the crystal structures of phenethylammonium and bromine-chlorine mixed inorganic perovskites (PEA-CsPbBrxCl3-x) is investigated. With the ZnBr2 addition, low-dimensional perovskite structures undergo morphological changes, such as thickening of their crystal structures and higher degree of crystal arrangement. Stoichiometric selective characterization reveals that perovskite bonding forces changed from Van der Waals with PEA to ionic with ZnBr2. Meanwhile, ZnBr2 can effectively address the ion defect filling and dimensional structure property switching. Consequently, the optimized ZnBr2-assisted PEA-CsPbBrxCl3-x LED is shown to deliver a high luminance of 1245 cd/m2 along with a high external quantum efficiency of 1.30%. Furthermore, this blue LED exhibits excellent spectral stability, for which only 3-nm red-shift on external excitation (0.1 to 5.0 mA) is observed. Our result clearly shows that ZnBr2 addition effectively improves the stability of blue light-emitting perovskites.

 


 

📚城戸・笹部・千葉研究室HP >> https://oled.yz.yamagata-u.ac.jp/view.cgi?p=384

2021 ニュース 一覧

2021.03.02
 お知らせ 
第4回ソフトロポット創世シンポジウム(OPERA-新学術 3領域 融合シンポジウム)<やわらか知能化メカがもたらすロボットの超進化(仮)>が3月15日(13:00~)にオンライン開催されます。【※申込必要】
2021.03.02
 論文関連 
硯里研究室の学振特別研究員吉田さんの論文"Photochemical Conversion of Ethanolamine-Zn2+ Complex Gel under Vacuum Ultraviolet Irradiation Associated with Color-Tunable Photoluminescence" が ACS の The Journal of Physical Chemistry C (IF=4.189)に掲載されました。
2021.03.01
 展示会 
有機エレクトロ二クスイノベーションセンター(INOEL)が東京ビッグサイトにて開催されるスマートエネルギーWeekの国際太陽光発電展に出展します(3/3~3/5)。
2021.02.22
 受賞 
城戸・笹部・千葉研究室のM2の学生5名が、令和2年度山形大学学生表彰を受賞しました。
2021.02.15
 論文関連 
城戸・笹部・千葉研究室の交換留学生 陳威丞さんと千葉貴之助教の短鎖アルキル配位子を利用した緑色ペロブスカイト量子ドットLEDに関する国際共著論文がChemical Engineering Journal (IF: 10.652)に掲載されました。
2021.02.10
 講演 
時任・熊木・関根研究室の芝健夫プロジェクト教授が2月18日(木)15:14-16:00に開催される「次世代センサ総合シンポジウム ”ニューノーマル時代のセンサ技術を考える”」(オンライン)にて講演会を行います。
2021.02.09
 論文関連 
時任・熊木・関根研究室の卒業生市村祐介さんの論文 "A fully screen-printed potentiometric chloride ion sensor employing a hydrogel-based touchpad for simple and non-invasive daily electrolyte analysis" が Analytical and Bioanalytical Chemistry にオンライン掲載されました。
2021.02.09
 Web掲載 
時任静士教授が執筆したエッセイ「大学での産学官連携に行き着くまで」がJST産学官連携ジャーナルの1月号に掲載されました。大学発ベンチャー事業「(株)フューチャーインク」と「シートセンサ」を紹介しました。
2021.02.05
 論文関連 
城戸・笹部・千葉研究室の交換留学生顏禎里さんと千葉貴之助教の青色ペロブスカイトの結晶安定化とLED応用に関する国際共著論文がChemical Engineering Journal (IF: 10.652)に掲載されました。
2021.02.01
 お知らせ 
「日・独ジョイントワークショップ2021」をオンラインにて開催(2/26)
2021.01.28
 受賞 
城戸淳二教授の「有機半導体材料及び高性能有機EL素子の開発」に関する研究が第73回日本化学会賞を受賞しました。
2021.01.04
 お知らせ 
時任・熊木・関根研究グループが開発したシートセンサの研究成果がウェブメディア「EMIRA」に「測られている感ゼロ! 生活中に自然と生体データを計測できる『大きなセンサー』の秘密 」と題して掲載されました。
12件中1 ~ 12件を表示しています。
前へ 1 次へ

PAGETOP