Home > information > ニュース > 2021 > 【論文関連】硯里研究室の学振特別研究員吉田さんの論文"Photochemical Conversion of Ethanolamine-Zn2+ Complex Gel under Vacuum Ultraviolet Irradiation Associated with Color-Tunable Photoluminescence" が ACS の The Journal of Physical Chemistry C (IF=4.189)に掲載されました。

Information


2021.03.02 【論文関連】硯里研究室の学振特別研究員吉田さんの論文"Photochemical Conversion of Ethanolamine-Zn2+ Complex Gel under Vacuum Ultraviolet Irradiation Associated with Color-Tunable Photoluminescence" が ACS の The Journal of Physical Chemistry C (IF=4.189)に掲載されました。

硯里研究室の学振特別研究員吉田さんの論文"Photochemical Conversion of Ethanolamine-Zn2+ Complex Gel under Vacuum Ultraviolet Irradiation Associated with Color-Tunable Photoluminescence" がACSの The Journal of Physical Chemistry C (IF=4.189)に掲載されました。本成果はROEL吉田研究室との共同の成果です。

https://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/acs.jpcc.1c00318

 

Abstract

Photochemical conversion of a dry gel coating comprising zinc acetate and monoethanolamine (MEA) into a highly compact and transparent thin film of zinc oxide nanocrystals (ZnO NCs) is shown to produce color-tunable photoluminescence (PL) from violet (389 nm) to bluish-green (486 nm) by controlling the period of vacuum ultraviolet (VUV) irradiation. Transmission electron microscopy (TEM) showed no crystal growth by the prolonged VUV irradiation beyond a size of 4 nm (absorbing at 292 nm), which forms within the first 1 min of VUV exposure. PL excitation spectra showed a peak at either 325 or 370 nm, clearly unmatched with the absorption, indicating that photoexcitation of the ZnO NC core does not contribute to the observed PL. The excitonic state of ZnO rapidly thermalizes and does not contribute to the luminescence via energy transfer. We find that the surface of the ZnO NCs is covered with a highly luminescent Zn–MEA complex with characteristic charge transfer absorption/emission that is responsible for the observed variable PL. This presents a hitherto unknown system of color-tunable PL in which only the “skin” emits, but neither the quantum size effect of the NC core nor the defect states in ZnO contribute. Combined X-ray, IR, and PL spectroscopic techniques suggest that preferential decomposition of acetate is responsible for the color shift during VUV irradiation. Once sufficiently treated with VUV, the PL of the coatings becomes highly stable upon storage under ambient conditions in air. Direct patterning of color-selective PL image was made possible by simply employing a photomask during VUV exposure, as only the irradiated part became luminescent.

 

📚 硯里研究室HP >> http://inoel.yz.yamagata-u.ac.jp/suzuri-lab/

 

 

2021 ニュース 一覧

2021.04.15
 Web掲載 
時任・熊木・関根研究室と東京理科大との共同研究の成果が「汗中乳酸から高出力を生み出す薄膜型ウェアラブルバイオ燃料電池アレイを開発」と題して4月12日にYou tube配信されました。
2021.04.02
 新聞掲載 
時任・熊木・関根研究室と東京理科大との共同研究の成果が「汗で発電するウエアラブル電池アレイ 東京理大など研究グループが開発 基板材料に和紙採用」と題して3月15日付の電波新聞に掲載されました。
2021.04.01
 論文関連 
時任・熊木・関根研究室のWang助教の論文"Fully Printed PEDOT:PSS-based Temperature Sensor with High Humidity Stability for Wireless Healthcare Monitoring"が、Scientific Reports誌の2020年にダウンロードされた材料科学論文トップ100に入りました。
2021.03.29
 論文関連 
時任・熊木・関根研究室の関根助教によるすべり感知のためのソフト触覚センサに関する論文がSmall Science誌(Small Science, vol. 1, pp: 2100002-21000010 (2021))に掲載され、Inside Front Coverに選出されました。
2021.03.24
 Web掲載 
 TV放映 
(香港テレビ)山形大学のスマート未来ハウスが香港テレビで紹介されました。YouTubeでも公開されました。
2021.03.24
 新聞掲載 
 Web掲載 
(山形新聞)原田知親助教に関する記事「心身のリフレッシュ度を『見える化』へ、山形大・県立米沢栄養大など 米沢、小野川で実験」が掲載されました。
2021.03.18
 受賞 
時任・熊木・関根研究室の学生 B4の本村祐希さんが山形大学秦逸三賞 ・B4の伊藤圭汰さんが山形大学優秀学生賞 ・B4の千葉峻也さんが山形大学優秀学生賞を受賞しました。
2021.03.08
 お知らせ 
時任・熊木・関根研究室が開発したシート型センサを実装した椅子(スマーチェア)に関してその応用展開をKDDI総合研究所と共同研究で進めています。その応用イメージが以下のURLで公開となっています。
2021.03.05
 新聞掲載 
(山形新聞)城戸淳二教授に関する記事「城戸教授(山形大大学院)、日本化学会賞」が掲載されました。
2021.03.02
 お知らせ 
第4回ソフトロポット創世シンポジウム(OPERA-新学術 3領域 融合シンポジウム)<やわらか知能化メカがもたらすロボットの超進化(仮)>が3月15日(13:00~)にオンライン開催されます。【※申込必要】
2021.03.02
 論文関連 
硯里研究室の学振特別研究員吉田さんの論文"Photochemical Conversion of Ethanolamine-Zn2+ Complex Gel under Vacuum Ultraviolet Irradiation Associated with Color-Tunable Photoluminescence" が ACS の The Journal of Physical Chemistry C (IF=4.189)に掲載されました。
2021.03.01
 展示会 
有機エレクトロ二クスイノベーションセンター(INOEL)が東京ビッグサイトにて開催されるスマートエネルギーWeekの国際太陽光発電展に出展します(3/3~3/5)。
2021.02.28
 新聞掲載 
(河北新報)原田知親助教に関する記事「『小野川温泉入るとよく眠れる』、山形大 評判実証へデータ収集」が掲載されました。
2021.02.27
 新聞掲載 
(朝日新聞)原田知親助教に関する記事「温泉につかるとぐっすり 証明挑戦、山大など 小野川温泉と共同研究」が掲載されました。
2021.02.22
 受賞 
城戸・笹部・千葉研究室のM2の学生5名が、令和2年度山形大学学生表彰を受賞しました。
2021.02.19
 新聞掲載 
(読売新聞)原田知親助教に関する記事「温泉 睡眠への効果調査へ、山大・栄養大 米沢の旅館で分析」が掲載されました。
2021.02.15
 論文関連 
城戸・笹部・千葉研究室の交換留学生 陳威丞さんと千葉貴之助教の短鎖アルキル配位子を利用した緑色ペロブスカイト量子ドットLEDに関する国際共著論文がChemical Engineering Journal (IF: 10.652)に掲載されました。
2021.02.12
 新聞掲載 
(日本経済新聞)原田知親助教に関する記事「入浴と睡眠、温泉の効果『見える化』 山形大など実験へ」が掲載されました。
2021.02.10
 プレス発表 
原田知親助教の研究に関するニュース「⼭形⼤学COI拠点が⽶沢栄養⼤学及び⼩野川温泉観光知実⾏委員会と共同で温泉⼊浴と睡眠に関する実証研究を開始 〜⼼⾝リフレッシュ度の『⾒える化』を⾒据えた温泉地での社会実装実験〜」が工学部長定例記者会見にてリリースされました。
2021.02.10
 講演 
時任・熊木・関根研究室の芝健夫プロジェクト教授が2月18日(木)15:14-16:00に開催される「次世代センサ総合シンポジウム ”ニューノーマル時代のセンサ技術を考える”」(オンライン)にて講演会を行います。
26件中1 ~ 20件を表示しています。
前へ 1 2 次へ

PAGETOP