Home > information > ニュース > 2021 > 【論文関連】硯里研究室の学振特別研究員吉田さんの論文"Photochemical Conversion of Ethanolamine-Zn2+ Complex Gel under Vacuum Ultraviolet Irradiation Associated with Color-Tunable Photoluminescence" が ACS の The Journal of Physical Chemistry C (IF=4.189)に掲載されました。

Information


2021.03.02 【論文関連】硯里研究室の学振特別研究員吉田さんの論文"Photochemical Conversion of Ethanolamine-Zn2+ Complex Gel under Vacuum Ultraviolet Irradiation Associated with Color-Tunable Photoluminescence" が ACS の The Journal of Physical Chemistry C (IF=4.189)に掲載されました。

硯里研究室の学振特別研究員吉田さんの論文"Photochemical Conversion of Ethanolamine-Zn2+ Complex Gel under Vacuum Ultraviolet Irradiation Associated with Color-Tunable Photoluminescence" がACSの The Journal of Physical Chemistry C (IF=4.189)に掲載されました。本成果はROEL吉田研究室との共同の成果です。

https://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/acs.jpcc.1c00318

 

Abstract

Photochemical conversion of a dry gel coating comprising zinc acetate and monoethanolamine (MEA) into a highly compact and transparent thin film of zinc oxide nanocrystals (ZnO NCs) is shown to produce color-tunable photoluminescence (PL) from violet (389 nm) to bluish-green (486 nm) by controlling the period of vacuum ultraviolet (VUV) irradiation. Transmission electron microscopy (TEM) showed no crystal growth by the prolonged VUV irradiation beyond a size of 4 nm (absorbing at 292 nm), which forms within the first 1 min of VUV exposure. PL excitation spectra showed a peak at either 325 or 370 nm, clearly unmatched with the absorption, indicating that photoexcitation of the ZnO NC core does not contribute to the observed PL. The excitonic state of ZnO rapidly thermalizes and does not contribute to the luminescence via energy transfer. We find that the surface of the ZnO NCs is covered with a highly luminescent Zn–MEA complex with characteristic charge transfer absorption/emission that is responsible for the observed variable PL. This presents a hitherto unknown system of color-tunable PL in which only the “skin” emits, but neither the quantum size effect of the NC core nor the defect states in ZnO contribute. Combined X-ray, IR, and PL spectroscopic techniques suggest that preferential decomposition of acetate is responsible for the color shift during VUV irradiation. Once sufficiently treated with VUV, the PL of the coatings becomes highly stable upon storage under ambient conditions in air. Direct patterning of color-selective PL image was made possible by simply employing a photomask during VUV exposure, as only the irradiated part became luminescent.

 

📚 硯里研究室HP >> http://inoel.yz.yamagata-u.ac.jp/suzuri-lab/

 

 

2021 ニュース 一覧

2021.07.14
 新聞掲載 
(朝日新聞)城戸淳二教授に関する記事「照明 寝る前なら有機EL、山大・城戸教授らが代謝など調査」が掲載されました。
2021.07.09
 論文関連 
城戸・笹部・千葉研究室博士修了生 小松龍太郎博士 (Dr. Ryutaro Komatsu) と笹部久宏准教授のトリフェニルアミン含有ベンゾフラン誘導体発光材料群に関する国際共著論文が Frontiers in Chemistry (IF: 5.221) に受理されました。
2021.07.05
 TV放映 
(YTS山形テレビ)城戸淳二教授らの研究グループに関するニュース「有機EL照明で”深い眠り”」が紹介されました。
2021.07.01
 プレス発表 
城戸淳二教授の筑波大学徳山薫平教授との共同研究に関するニュース「睡眠前の照明環境が睡眠時の体温とエネルギー代謝に影響を及ぼす」が学長定例記者会見でリリースされました。
2021.07.01
 お知らせ 
工学部副学部長伊藤浩志教授、COI研究リーダー大場好弘教授、産学連携(COI担当)井上栄子准教授等が市役所を訪問し、副市長、健康福祉部の担当者と面談しました。
2021.06.29
 お知らせ 
7月1日に公開シンポジウム「有機テクノロジーがアシストするいきいき健康スマートコミュニティ」が開催されます。
2021.06.28
 論文関連 
城戸・笹部・千葉研究室 D2 荒井博貴さんと笹部久宏准教授の高性能有機ELを実現する非対称スピロビアクリジン誘導体 TADF 材料群の論文が Wiley の Chemistry A European Journal (IF: 4.857) の Front Cover に選出されました。
2021.06.25
 新聞掲載 
(日刊工業新聞)水上誠准教授の研究室とウシオケミックス、CHIRACOLとの共同研究成果が「アンプに有機半導体」と題して掲載されました。
2021.06.23
 新聞掲載 
(山形新聞)城戸淳二教授に関する記事「米沢には『世界初』がある、南部小 城戸教授が6年生に語る」が掲載されました。
2021.06.06
 新聞掲載 
(読売新聞)城戸淳二教授が第62回藤原賞を受賞したことに関する記事「世界初『白色』有機EL、有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)素子の先駆的研究および工業化」が掲載されました。
2021.06.04
 新聞掲載 
(山形新聞)城戸淳二教授が第62回藤原賞を受賞したことに関する記事「山形大花輪理事・副学長(気象庁長官表彰)、城戸教授(藤原賞)W受賞」が掲載されました。
2021.06.03
 論文関連 
プロジェクト研究員 Dr. Anubha Bilgaiyan と水上誠准教授の「Flexible, high mobility short-channel organic thin film transistors and logic circuits based on 4H-21DNTT」に関する論文が Scientific Reports に掲載されました。
2021.05.31
 論文関連 
城戸・笹部・千葉研究室 D3 劉冠廷さんと笹部久宏准教授の架橋ジアリールアミンを用いた多重共鳴型緑色TADF発光材料群の簡便合成に関する論文が王立化学会 (Royal Society of Chemistry) の Journal of Materials Chemistry C (IF: 7.059) に受理されました。
2021.05.28
 受賞 
城戸淳二卓越研究教授が「第62回藤原賞」を受賞しました。
2021.05.19
 論文関連 
時任・熊木・関根研究室プロジェクト研究員Subhash Singh (スバッシュ・シン)さんの論文“Flexible high-performance organic thin film transistors and PMOS inverters: Trap controlled grain boundaries and contact resistance effect in different channel length devices”がSynthetic Metalsに掲載されました。
2021.05.19
 論文関連 
時任・熊木・関根研究室プロジェクト研究員Subhash Singh (スバッシュ・シン)さんの論文“Flexible Low-Voltage Organic Thin Film Transistors and PMOS Inverters: Effect of Channel Width on Noise Margin”がJournal of Physics D: Applied Physicsに掲載されました。
2021.05.19
 論文関連 
時任・熊木・関根研究室と韓国のPOSTECHとの共同研究の論文"Flexible and Printed Organic Nonvolatile Memory Transistor with Bilayer Polymer Dielectrics"がAdvanced Materials Technologiesに掲載されました。
2021.05.10
 講演 
7月2日(金)CEA(Commissariat à l’énergie atomique et aux énergies alternatives)のinternal laboratory web scientific seminar(オンライン開催)にて時任教授の招待講演"Flexible and Printed Organic Sensors and IoT Applications"があります。
2021.05.10
 講演 
6月5日(土)日本体力医学会東北地方会第29回大会(山形県立米沢栄養大学)にて時任教授の特別講演「フレキシブル有機センサの健康管理・医療応用」があります。
2021.05.10
 講演 
6月3日(木) KFPE (Korea Flexible & Printed Electronics Society)の International 3D, 4D Printing Online Seminar(zoom開催)にて時任静士教授の招待講演 "Flexible and Printed Organic Sensors and IoT Applications" があります。
47件中1 ~ 20件を表示しています。
前へ 1 2 3 次へ

PAGETOP