Home > information > ニュース > 2022 > 【論文関連】M2 常山恭暉君(Mr. Hisaki Tsuneyama)と笹部久宏准教授のフェナントロリン誘導体をエキサイプレックスホストとして用いた高効率・長寿命深赤色有機ELに関する論文が英国化学会 (RSC: Royal Society of Chemistry) の J. Mater. Chem. C (IF: 7.393) に受理されました!

Information


2022.01.04 【論文関連】M2 常山恭暉君(Mr. Hisaki Tsuneyama)と笹部久宏准教授のフェナントロリン誘導体をエキサイプレックスホストとして用いた高効率・長寿命深赤色有機ELに関する論文が英国化学会 (RSC: Royal Society of Chemistry) の J. Mater. Chem. C (IF: 7.393) に受理されました!

M2 常山恭暉君(Mr. Hisaki Tsuneyama)と笹部久宏准教授のフェナントロリン誘導体をエキサイプレックスホストとして用いた高効率・長寿命深赤色有機ELに関する論文が英国化学会 (RSC: Royal Society of Chemistry) の J. Mater. Chem. C (IF: 7.393) に受理されました!

Title: Highly stable and efficient deep-red phosphorescent organic light-emitting devices using phenanthroline derivative as n-type exciplex host partnes

By Hisaki Tsuneyama, Hisahiro Sasabe*, Yu Saito, Taito Noda, Daiki Saito, Junji Kido*, J. Mater. Chem. C, 2022, accepted.

Abstract: Although deep-red illumination light sources with an emission peak wavelength over 660 nm are optimal for plant growing and health monitoring systems, the stability and efficiency of organic light-emitting diodes (OLEDs) is insufficient for practical applications. In this study, we developed a novel exciplex host system to realize highly stable and efficient deep-red OLEDs by utilizing nBPhen, a phenanthroline derivative, as the n-type exciplex host partner and combined (DPQ)2Ir(dpm), a deep-red iridium complex, and a-NPD, a conventional triarylamine derivative, as the p-type exciplex host partner. The proposed optimized device exhibits a lifetime that is 6.6 times longer when compared with the state-of-the-art deep-red OLEDs and maintains a high maximum external quantum efficiency of approximately 17% at a low operating voltage of 2.37 V; such performance is considered among the best in the scientific literatures.

城戸・笹部・千葉研究室HP >>  
https://oled.yz.yamagata-u.ac.jp/view.cgi?p=394

 

2022 ニュース 一覧

2022.01.25
 論文関連 
時任・熊木・関根研究室Wang助教とM2 立花将吾さんによる論文"A Printed Flexible Humidity Sensor with High Sensitivity and Fast Response Using a Cellulose Nanofiber/Carbon Black Composite"がACS Applied materials & interfaces 誌に掲載されました。
2022.01.25
 論文関連 
城戸・笹部・千葉研究室M2 熊田健吾君と笹部久宏准教授のトリフェニレン誘導体水色TADF材料の化学修飾による電子構造制御に関する論文がエルゼビアの Chem. Eng. J. (IF: 13.273) に受理されました。
2022.01.20
 お知らせ 
【近日申込開始】CNVFAB×未来の製造業シンポジウム(日本工学アカデミー融合シンポジウム)(オンライン開催)(2/16)
2022.01.18
 論文関連 
城戸・笹部・千葉研究室M2 荒木卓君 (Mr. Suguru Araki) と笹部久宏准教授の高効率・長寿命なTADF/リン光有機ELを実現するテトラジベンゾフラン誘導体ホール輸送材料群に関する論文が Wilely の Chem Eur J (IF: 5.236) に受理されました。 本研究は山形大学横山研究室との共同研究です。
2022.01.04
 論文関連 
M2 常山恭暉君(Mr. Hisaki Tsuneyama)と笹部久宏准教授のフェナントロリン誘導体をエキサイプレックスホストとして用いた高効率・長寿命深赤色有機ELに関する論文が英国化学会 (RSC: Royal Society of Chemistry) の J. Mater. Chem. C (IF: 7.393) に受理されました!
2022.01.04
 論文関連 
D1 蒋德豪君(Mr. Jiang Dehao)と笹部久宏准教授の分子工学とデバイス工学の相乗効果による超高電力効率塗布型橙色TADF有機ELに関する論文が Wiley の Advanced Optical Materials (IF: 9.926) に受理されました!
6件中1 ~ 6件を表示しています。
前へ 1 次へ

PAGETOP