Home > information > ニュース > 2024 > 【論文関連】M2 吉田波音君と博士課程修了の荒井博貴君、笹部久宏准教授、城戸淳二教授のリン光イリジウム錯体の能動的分子配向制御の論文が英国化学会 (Royal Society of Chemistry) の Journal of Materials Chemistry C (IF: 6.4) に受理されました。

Information


2024.01.15 【論文関連】M2 吉田波音君と博士課程修了の荒井博貴君、笹部久宏准教授、城戸淳二教授のリン光イリジウム錯体の能動的分子配向制御の論文が英国化学会 (Royal Society of Chemistry) の Journal of Materials Chemistry C (IF: 6.4) に受理されました。

M2 吉田波音君と博士課程修了の荒井博貴君、笹部久宏准教授、城戸淳二教授のリン光イリジウム錯体の能動的分子配向制御の論文が英国化学会 (Royal Society of Chemistry) の Journal of Materials Chemistry C (IF: 6.4) に受理されました。本研究は山形大学横山大輔研究室との共同研究です。

Title: Fundamental guidelines on active control of the molecular orientation of heteroleptic iridium complexes enabled by carbazole-based host materials

By Hiroki Arai,+ Naoto Yoshida,+ Hisahiro Sasabe,* Yuki Sagae, Keigo Hoshi, Daisuke Yokoyama, Junji Kido*, J. Mater. Chem. C accepted.
+These two authors contributed equally

Abstract: The horizontal orientation of the transition dipole moment (TDM) in an emitter molecule is one of the most promising approaches used to boost the efficiency of organic light- emitting devices (OLEDs). However, fundamental guidelines for horizontal orientation are still under discussion, and active control of molecular orientation by host material is rarely realized. In this study, we systematically investigated the structure–molecular orientation relationships of representative heteroleptic iridium complexes (HICs) in carbazole-based host materials to formulate guidelines for active control of the TDM. The horizontal orientation ratio (Q) of the TDM is strongly correlated with (i) the glass transition temperature (Tg) of the host material and (ii) the surface area (SML) of the aromatic main ligand in the HICs. Furthermore, compared with emitters with the same SML values, the Q values tended to increase when the contact area with the underlying layer increased. These results suggest that (i) the strength of the intermolecular interaction between the emitter and host material and (ii) the contact area of the main ligand in the emitter are crucial factors in the control of TDM in HICs. Finally, we successfully fabricated a yellow phosphorescent OLED with an external quantum efficiency of 29.0%.


城戸・笹部・千葉研究室Webサイト: https://oled.yz.yamagata-u.ac.jp/view.cgi?p=430

2024 ニュース 一覧

2024.02.22
 受賞 
城戸・笹部・千葉研究室の熊田健吾君(博士後期課程2年)が令和5年度山形大学校友会長賞を受賞しました。
2024.02.19
 論文関連 
城戸・笹部・千葉研究室M2 長澤佳祐君と佐野健志教授らの N-ベンジルヒドロキシルアミン添加によるペロブスカイト活性層と太陽電池特性の改善の論文が Applied Physics Express (APEX) (IF: 2.3) に受理されました。
2024.02.13
 論文関連 
城戸・笹部・千葉研究室M2 杉山遼君と笹部久宏准教授、城戸淳二教授らの青色ホスフィニン誘導体を用いた高効率有機ELの論文が Wiley の Chem. Eur. J. (IF: 4.3) に受理されました。
2024.02.06
 論文関連 
城戸・笹部路・千葉研究室M2 星圭吾君と笹部久宏准教授の高効率・狭半値幅塗布型有機 EL を実現する遅延蛍光性アルミニウム錯体増感剤の論文が Wiley の Advanced Optical Materials (IF: 9.0) に受理されました。
2024.01.16
 論文関連 
城戸・笹部・千葉研究室M2 長澤佳祐君と佐野健志教授らのヒドロキシルアミン系添加剤による逆型ペロブスカイト太陽電池の特性及び信頼性向上の論文が Wiley の Adv. Mater. Interfaces (IF: 5.4) に受理されました。
2024.01.15
 論文関連 
M2 吉田波音君と博士課程修了の荒井博貴君、笹部久宏准教授、城戸淳二教授のリン光イリジウム錯体の能動的分子配向制御の論文が英国化学会 (Royal Society of Chemistry) の Journal of Materials Chemistry C (IF: 6.4) に受理されました。
6件中1 ~ 6件を表示しています。
前へ 1 次へ

PAGETOP