Home > information > ニュース > 2024 > 【論文関連】城戸・笹部路・千葉研究室M2 星圭吾君と笹部久宏准教授の高効率・狭半値幅塗布型有機 EL を実現する遅延蛍光性アルミニウム錯体増感剤の論文が Wiley の Advanced Optical Materials (IF: 9.0) に受理されました。

Information


2024.02.06 【論文関連】城戸・笹部路・千葉研究室M2 星圭吾君と笹部久宏准教授の高効率・狭半値幅塗布型有機 EL を実現する遅延蛍光性アルミニウム錯体増感剤の論文が Wiley の Advanced Optical Materials (IF: 9.0) に受理されました。

城戸・笹部・千葉研究室M2 星圭吾君と笹部久宏准教授の高効率・狭半値幅塗布型有機 EL を実現する遅延蛍光性アルミニウム錯体増感剤の論文が Wiley の Advanced Optical Materials (IF: 9.0) に受理されました。本研究は山形大学片桐研究室との共同研究です。

Title: Ubiquitous Aluminum(III)-TADF Complex as Sensitizer for Highly Efficient Solution-Processed Hyperfluorescent OLEDs with Narrow Emission
By Keigo Hoshi, Hisahiro Sasabe,* Yudai Chiba, Naoto Yoshida, Takeru Nakamura, Keisuke Nagasawa, Yuya Sayama, Hiroshi Katagiri, and Junji Kido, Adv. Opt. Mater. accepted.

Abstract: Although earth-abundant, ubiquitous, metal-based thermally activated delayed fluorescence (TADF) complexes are among the most promising candidates as next-generation organic light-emitting devices (OLEDs), only a limited number of complexes have been explored to date. In this study, we present a highly emissive aluminum(III)-TADF complex, Al(MCzDBM)3 with three beta-diketone ligands, as a sensitizer for multiresonance (MR)-TADF emitters. This complex exhibited green emission with remarkable photophysical functions, such as a high photoluminescent quantum yield (PLQY) of up to 97% with reduced aggregation caused quenching, a rapid radiative rate constant (kr) of 5.6 x 107 s-1, and a short delayed lifetime (t_d) of 4.0 μs in the solid state. The solution-processed Al(MCzDBM)3-based OLED exhibited an external quantum efficiency (EQE) of 23.6%. This complex sensitized the yellow MR-TADF emitter yielding a near-unity PLQY, and realizing a solution-processed hyper-OLED with an EQE of 21.6% and full width at half maximum of 45 nm. 

城戸・笹部・千葉研究室Webサイト: https://oled.yz.yamagata-u.ac.jp/view.cgi?p=431

2024 ニュース 一覧

2024.06.03
 論文関連 
千葉研究室卒業生の佐竹康平君、M2奈良崎航平君、千葉貴之准教授のインクジェット印刷の低温乾燥技術に関する共著論文がACS Applied Nano Materials (IF 5.9)に掲載されました!
2024.04.26
 受賞 
硯里善幸教授が有機EL討論会第17回業績賞を受賞しました。
2024.04.03
 Web掲載 
城戸卓越研究教授、佐野教授がJSTnews2月号に掲載されました。
2024.02.22
 受賞 
城戸・笹部・千葉研究室の熊田健吾君(博士後期課程2年)が令和5年度山形大学校友会長賞を受賞しました。
2024.02.19
 論文関連 
城戸・笹部・千葉研究室M2 長澤佳祐君と佐野健志教授らの N-ベンジルヒドロキシルアミン添加によるペロブスカイト活性層と太陽電池特性の改善の論文が Applied Physics Express (APEX) (IF: 2.3) に受理されました。
2024.02.13
 論文関連 
城戸・笹部・千葉研究室M2 杉山遼君と笹部久宏准教授、城戸淳二教授らの青色ホスフィニン誘導体を用いた高効率有機ELの論文が Wiley の Chem. Eur. J. (IF: 4.3) に受理されました。
2024.02.06
 論文関連 
城戸・笹部路・千葉研究室M2 星圭吾君と笹部久宏准教授の高効率・狭半値幅塗布型有機 EL を実現する遅延蛍光性アルミニウム錯体増感剤の論文が Wiley の Advanced Optical Materials (IF: 9.0) に受理されました。
2024.01.16
 論文関連 
城戸・笹部・千葉研究室M2 長澤佳祐君と佐野健志教授らのヒドロキシルアミン系添加剤による逆型ペロブスカイト太陽電池の特性及び信頼性向上の論文が Wiley の Adv. Mater. Interfaces (IF: 5.4) に受理されました。
2024.01.15
 論文関連 
M2 吉田波音君と博士課程修了の荒井博貴君、笹部久宏准教授、城戸淳二教授のリン光イリジウム錯体の能動的分子配向制御の論文が英国化学会 (Royal Society of Chemistry) の Journal of Materials Chemistry C (IF: 6.4) に受理されました。
9件中1 ~ 9件を表示しています。
前へ 1 次へ

PAGETOP